About US

会社概要

本社所在地

〒003-0030  北海道札幌市白石区流通センター6丁目3番1号

設    立

1972年 9月 14日

代  表  者

取締役社長 木下 則雄

資  本  金

4,000万円(2019年4月1日現在)

事 業 所

 本社・札幌支店 〒003-0030 札幌市白石区流通センター6-3-1 011-892-4149 MAP
 石狩支店 〒061-3241 石狩市新港西1-778-40 0133-74-4149 MAP
 旭川支店 〒071-815 旭川市東鷹栖四線10-5-5 0166-55-4149 MAP
 苫小牧支店 〒059-1366 苫小牧市あけぼの町1-2-2 0144-52-5539 MAP
 函館支店 〒041-0824 函館市西桔梗町849-12 0138-49-4149 MAP
 釧路支店 〒088-0621 釧路郡釧路町桂木4-11 0154-41-4149 MAP
 帯広営業所 〒080-2459 帯広市西19条北1-6-3 0155-66-4149 MAP
 紋別営業所 〒094-0013 紋別市南が丘町4丁目6-28 0158-23-4149 MAP

従 業 員 数

55名

事 業 内 容

バッテリーフォークリフト、エンジンフォークリフト、無人搬送車、自動倉庫、保管機器など物流システム商品等の販売・修理

会社組織図

私たちの源流 4社の強み

日本、そして世界の物流業界を
ずっと支え続けてきた各社の強みを結集

三菱ロジスネクストは、2017年10月に誕生したばかりの企業です。その前身となるのは日本、そして世界の物流業界を長きに渡って支えてきた、伝統ある4社の物流機器メーカーです。
各社がそれぞれの歩みの中で、独自に開発・開拓してきた多様な技術や販売網。それらを融合することで、世界各地のお客さまニーズに応えることのできる、より高いレベルの物流ソリューションを提供できると考えています。

日本輸送機(ニチユ)

国内で初めてバッテリーフォークリフトを開発したパイオニアメーカーとして、主として国内とアジア圏において中小型のバッテリーフォークリフトや物流システムを中心に事業を展開してきました。また、業界に先駆けて環境に配慮した保管・搬送技術の開発を行い、環境改善への貢献に努めてきました。

三菱重工フォークリフト事業部門

小型から大型までのエンジンフォークリフトに強みを持ち、三菱ブランドだけでなくキャタピラーブランドの車両の生産・販売も手がけ、北米や欧州など海外市場を中心に事業を展開してきました。ディーゼルエンジンや変速機等の主要コンポーネントを独自開発するなど、高い技術力で幅広いお客さまのニーズに応えてきました。

TCM

1949年に国産初のエンジンフォークリフトを製造した、業界内のパイオニア的存在。当時の基本的な機構や装置などの機械技術は、現在のフォークリフトにも広く使われています。エンジンフォークリフト(特に積載量10トン超の大型フォークリフト)の他、ショベルローダー、スキッドステアローダー等のバケット式車両や、港湾・製鉄所・造船所などで使われる特殊運搬車両などが強みです。

日産フォークリフト

1957年に日産自動車の産業機械事業部として創立後、2010年に日産フォークリフトとして分社。自動車技術を活かした技術開発に強みがあり、車両だけでなく、エンジンユニットの外販も行っていました。後のユニキャリア、そして三菱ロジスネクストとなった現在も、グループ会社のGCT(グローバルコンポーネントテクノロジー社)で製造・販売を行っています。

TOP